2010年09月13日

G.ホルスト 組曲「惑星」(テノールホルンで演奏した例)

 組曲「惑星」(1914-1916年)。ホルストはこの大編成のオーケストラにおけるテューバ群に「テナーチューバ(Tenor Tuba)」と「バスチューバ(Bass Tuba)」のパートを設けました。詳しくはこちら

 「Tenor Tuba」といふ樂器は、特注品を除いて存在しないため、ユーフォニアム、ドイツ式バリトン、ヴァークナーテューバなど、色々な樂器で演奏されてゐます。

 テノールホルン(B♭調)で演奏した例です。

 F.ヴェルサー・メスト指揮/ウィーンフィルハーモニー
 vlcsnap-2010-09-14-02h51m27s192.png  vlcsnap-2010-09-14-02h52m22s254.png
 映像:ユニバーサル ミュージック クラシック
 使用樂器:形状からすると Miraphone の Tenorhorn
 このDVDはこちらで購入出來ます:シェーンブルン宮殿 夏の夜のコンサート 2010 [DVD]
 

 ユーフォニアムで演奏した例はこちら
 
【テノールホルンを使用した例の最新記事】
Copyright(C) 2010 by PROJECT EUPHONIUM (PROJECT EUPHONUM http://euphonium.biz/) All rights reserved. 文章・画像の無断転載厳禁 | Posted at Sep.13 23:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | テノールホルンを使用した例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。