2010年09月13日

G.マーラー「交響曲第7番 夜の歌」 テノールホルンで演奏した例

 グスタフ・マーラー作曲の「交響曲第7番 夜の歌」(1905年)には、マンドリン、カウベルなど、通常のオーケストラの編成には含まれてゐない樂器が、重要な役割を担ってゐます。テノールホルン(B♭調 Tenorhorn)もその一つで、冒頭の吼えるやうなソロは有名です。

 マーラーの指定通り、テノールホルンで演奏した例

 L.バーンスタイン指揮/ウィーンフィルハーモニー
 winer_weltklang.jpg
 映像:ユニバーサル ミュージック クラシック
 使用樂器:Weltklang の Tenorhorn
 このDVDはこちらで購入できます:マーラー:交響曲第7番・第8番 [DVD]

 E.インバル指揮/ベルリン放送交響楽団
 mahler_tenor.jpg
 映像:DENON
 使用樂器:形状からしてB&SのTenorhorn

 このテノールホルンよりやや太い、バリトンといふ樂器もこの地の吹奏樂團では使はれてゐて、マーラー7番もバリトンで演奏されることも多いです。また、ユーフォニアムで演奏されることもあります。

 左がバリトン、右がテノールホルン(いづれもアレキサンダー社製)
 tenor_bari.jpg

 ドイツ式バリトンを使用した例はこちら
 
【テノールホルンを使用した例の最新記事】
Copyright(C) 2010 by PROJECT EUPHONIUM (PROJECT EUPHONUM http://euphonium.biz/) All rights reserved. 文章・画像の無断転載厳禁 | Posted at Sep.13 22:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | テノールホルンを使用した例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。